Amazon出品(出店)サービスの利用登録方法まとめ

アマゾンのアカウント登録後、アマゾンで商品を販売していくためには、Amazon出品(出店)サービスの利用登録を済ませておく必要があります。

そこで、本記事ではAmazon出品(出店)サービスの利用登録方法について、サクッとご紹介します。

1.Amazon出品(出店)サービスを利用する前に

利用登録の前に、これからアマゾンで商品を販売するにあたって気になることをピックアップしてみました。


月額費はいくら?

大口出品者アカウントは月額4,900円+販売手数料、小口出品者アカウントであれば基本成約料100円+販売手数料で利用することができます。

出典:Amazon出品サービス


退会はいつでもできる?違約金はかかる?

違約金はありません。出品中の在庫がない、お支払いの必要な残高がないなど、一定の条件を満たしている場合はいつでも解約することができます。


誰でも利用できる?学生でも?

クレジットカードを持っていれば、誰でも利用することができます。クレジットカードを所持できる18歳以上からであれば、学生でも問題なく商品を販売することができます。実際、私も大学生の頃からAmazonで商品を販売しています。


登録に必要なものは?

以下、5つのものを用意しておきましょう。

 

必要なものリスト
  1. Eメールアドレス(フリーメール可)
  2. 電話番号(携帯番号でも可)
  3. 店舗情報(住所、店舗名、運営責任者名、お問い合わせ先電話番号)
  4. 銀行口座(売上代金の振込用)
  5. クレジットカードorデビットカード(個人・法人どちらでも可)

2.利用登録手順

それでは、Amazon出品(出店)サービスの利用登録へと移っていきましょう。

ステップ1.Amazonへアクセス

ステップ2.『Amazonで売る』をクリック

アマゾントップページのギフト券のとなりに表示している、『Amazonで売る』をクリックしましょう。

ステップ3.『今すぐ登録する』をクリック

『今すぐ登録する』をクリックして利用登録へと進んでいきましょう。

ステップ4.アカウント情報を入力してログイン

購入者アカウントと同じメールアドレスでAmazon出品サービスを利用する場合、購入者アカウント情報を入力して、『ログイン』をクリックしましょう。

購入者アカウントと別のメールアドレスでAmazon出品サービスを利用する場合は『Amazonアカウントを作成』をクリックしましょう。クリックするとアカウント作成画面へと移ります。

アマゾン(Amazon)のアカウント登録方法まとめ

ステップ5.出品規約を入力

出品契約の入力画面では、“正式名所 / 販売業者名”を入力します。個人の場合は本名を入力、法人の場合は法人名を入力し、『次へ』をクリックしましょう。

ステップ6.出品者情報を入力

出品者情報の入力画面では、出品者の情報を入力します。各必要事項を入力し、『すぐに電話を受ける or すぐにSMSを受信する』をクリックしましょう。

ステップ7.電話認証(自動音声ガイダンス or SMS)

自動音声の場合は、電話がかかってきた画面に表示されたPINコードを入力。SMSの場合は、受信したSMSのPINコードを入力し、『認証』をクリックしましょう。

ステップ8.クレジットカード情報を入力

最後にクレジットカード情報を入力しましょう。国内で使えるクレジットカードであれば、何でも問題ありません。『次へ』をクリックすると、Amazon出品(出店)サービスの利用登録は完了となります。

3.『特定商取引法に基づく表示』を入力しておこう

Amazon大口出品アカウントで商品を販売する上で、『特定商取引法に基づく表示』が義務付けられています。

サイトトップページの出品者情報に、以下の特定商取引法に基づく表示を入力しておきましょう。

特定商取引法に基づく表示
  • 【特定商取引法に基づく表示】
  • 店舗名:
  • 所在地:
  • 電話番号:
  • Eメール:
  • 代表者名:

4.銀行口座を登録しておこう

ここで登録する銀行口座は、売上代金が振り込まれる銀行口座となります。サイトトップページから設定に入り、出品者アカウント情報より銀行口座の登録を済ませておきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

Amazon出品(出店)サービスの利用登録手順についてでした。もし、内容に不明な点がございましたら、気軽にお問い合わせ下さい。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。それでは、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です