ASINコードは超便利!Amazon独自の商品コードについて知っておこう

Amazonで販売されている書籍以外の商品には、ASIN(Amazon Standard Identification Number)コードと呼ばれる、10ケタの商品識別番号が各商品の詳細ページへ記載されています。

書籍では、ISBN(International Standard Book Number)コードと呼ばれる10ケタ、もしくは13ケタの番号が和書、洋書の各商品の詳細ページへ記載されています。

ASINコードはAmazonの検索エンジンにかけるだけで、簡単に商品を探し出すことができる便利なコードとなっています。モノレートで販売データを調べたり、FBA料金シミュレーターで販売手数料を計算するときにも扱うコードですので、本記事でASINコードについて理解を深めておきましょう。

ASINコードをチェック

ASINコードは各商品の詳細ページの登録情報に記載されています。この商品の場合、ASINコードはB00F354QPMと表記されていますね。

 

詳細ページ以外にも、商品URLにASINコードが記載されています。

ASINコードを活用してみよう!

ASINコードの使い方は、冒頭でも述べた通りコードを検索エンジンに貼り付け、検索をかけるだけです。このように該当ASINの商品を1発で探し出すことができます。

ASINコードの出番は意外と多い

ASINコードはAmazon販売を行っていく上で、必ず扱う商品コードです。Amazonサイト内で商品を探し出すほかに、モノレートで商品の販売データを調べるときや、FBA料金シミュレーターで販売手数料を計算するときに扱います。

参考:【モノレート】中国輸入の仕入れに役立つ商品リサーチツール

最後に

いかがでしたでしょうか。

ASINコードは該当ASINの商品を1発で探し出す商品コード。また、モノレートやFBA料金シミュレーターを使うときにも必要なコードとなります。

重要なコードですので、忘れずに覚えておきましょう。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。それでは、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です