FBA利用時の返品対応と返送・破棄依頼|Amazonセラーセントラル

アマゾン販売に限らず、物販を行っていると購入者からの返品依頼を一度は経験することになります。

FBAを利用していれば、購入者からの返品・返金対応はアマゾンが対応してくれますが、返品された商品の処理は私たちが行わければなりません。

本記事では、FBA利用時の返品対応と返送・破棄依頼についてご紹介します。

1.FBA利用時の返品対応の流れ

返品対応の流れ
  1. 購入者が商品の返品手続きを申請
  2. 購入者がアマゾンへ商品を返品
  3. アマゾンが購入者へ商品代金を返金

FBA利用時、購入者からの返品依頼はアマゾンがすべて処理してくれます。そのため、購入者がセラーへ返品の承認を得る作業が必要ありません。

画像をクリックして拡大する

購入者からの返品依頼があった場合、自動で返金処理が行われます。

すると、アマゾンから返金処理完了のお知らせがEメールで届きます。

返品された商品は販売不可在庫としてアマゾンに保管されます。保管された商品は返送または破棄するようにしましょう。

MEMO

未開封で返品されることもあります。その場合、『販売可・発送可』の商品在庫として保管されます。

2.商品の返送・破棄の手順

STEP1 アマゾンセラーセントラルへアクセス

アマゾンセラーセントラルへアクセスします。アクセスするためにはログインが必要となるため、Amazon出品(出店)サービスの利用登録を済ませておきましょう。

STEP2『FBA 在庫管理』をクリック

画像をクリックして拡大する

セラーセントラル管理画面より、『在庫』をクリック。

続けて『FBA 在庫管理』をクリックしましょう。

STEP3 『販売不可在庫の返送/所有権の破棄』をクリック

画像をクリックして拡大する

FBA在庫の管理画面より、『販売不可在庫の返送/所有権の破棄』をクリックします。

MEMO

FBA在庫一覧の『販売不可』より、商品の販売不可在庫の有無を確認することができます。

STEP4 『返送/所有権の破棄依頼を作成』をクリック

画像をクリックして拡大する

販売不可在庫の返送/所有権の破棄画面より、『返送/所有権の破棄依頼を作成』をクリック。

STEP5 詳細内容を入力

画像をクリックして拡大する

詳細内容を入力します。

自宅へ返送する場合は『お届け先住所を入力』を選択し住所を入力。破棄する場合は『破棄』を選択しましょう。

最後に返送する数量を入力し、『続ける』をクリック。続けて『確定』をクリックして終了です。

MEMO

注文(依頼)番号は空白のままでOKです

3.返品された商品は返送すべき?破棄すべき?

返品された商品はできるだけ自宅へ返送するようにしましょう。返送するメリットは以下の通りです。

  • 中古品としてヤフオク!、メルカリで販売することができる。
  • 商品の状態を目で確認することで、次の検品に活きる。

商品の状態によっては中古品として販売することができますし、箱が潰れていても商品本体に問題がなければ中古品として販売できます。

また、返送することでなぜ返品が起きてしまった原因を知ることができます。商品本体に汚れが付着していたならば、次の仕入れの検品時に代行業者に汚れが付着していなか確認してもらう。

付属品が不足していたならば、付属品の有無を確認してもらう。など、原因を知ることで検品してほしいポイントをピンポイントで代行業者伝えることができます。

最後に

まとめ
  • FBA利用時の返品依頼はアマゾンが対応してくれる!
  • 販売不可の在庫は自宅へ返送し状態をチェック!
  • 状態に問題がなければヤフオク!やメルカリで販売しよう!

いかがでしたでしょうか。

FBA利用時の返品対応と返送・破棄依頼についてでした。もし内容で不明な点がございましたら、気軽にお問い合わせ下さい。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。それでは、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です