中国輸入を始めるなら覚えておきたい中国の祝日と2つの大型連休【2018年版】

中国の祝祭日をご存知でしょうか?もし、これから中国輸入を始めるのであれば、2月中旬の春節と呼ばれる旧正月と、10月初旬の国慶節と呼ばれる建国記念日だけは覚えておきたい。

なぜなら、この2つの祝祭日は日本でいうゴールデンウィークのような大型連休のため、中国国内の物流代行業者が完全にストップしてしまい、仕入れができなくなるからです

約7日~16日におよび代行業者がストップするため、仕入れのタイミングを誤ると最悪1ヶ月遅れるという可能性も考えられますので、大型連休には注意しておきましょう。

1.中国の祝祭日一覧【2018年版】

祝日名 法定祝日 休暇期間 連休日数
元日(新年) 2018年1月1日(月) 12月30日〜1月1日 3連休
春節(旧正月) 2018年2月16日(金) 2月15日〜2月21日 7連休
清明節 2018年4月5日(木) 4月5日〜4月7日 3連休
労働節 2018年5月1日(火) 4月29日〜5月1日 3連休
端午節 2018年6月18日(月) 6月16日〜6月18日 3連休
中秋節 2018年9月24日(月) 9月22日〜9月24日 3連休
国慶節 2018年10月1日(月) 10月1日〜10月7日 7連休

2.大型連休前後の仕入れには注意

春節、国慶節の大型連休前後の1週間は代行依頼が殺到するため、余裕をもった仕入れ対策が必要です。

大型連休に入る2週間前を目安に、通常よりも物量を多くして代行を依頼をするなど、機会損失がない仕入れ対策を練るよう心がけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です