【中国輸入】失敗しない輸入代行業者の選び方【5つのポイントを解説】

こんにちは!トミスケです。

【中国輸入】輸入代行会社を利用する理由【メリット・デメリットを解説】」でご紹介したように、輸入ビジネスでは代行業者を使うことをオススメしています。

しかし、輸入代行業者を使おうとするも「どの代行業者を使ったらいいのかわからない…」と悩んでいませんか?

そこで本記事では、

  • 代行業者を選ぶさいに抑えておきたい5つのポイント
  • トミスケがオススメする代行業者

以上の2つをご紹介します。

代行業者を利用するさいには、本記事で解説する6つのポイントを意識して代行業者を選んでいきましょう。そして、私がオススメする業者もご紹介するので、是非試しに利用してみて下さい。

1.代行業者を選ぶ5つのポイント

1-1.輸入代行手数料(5%〜7%)

色々な代行業者を見てみると、手数料は5%〜7%が平均的かなといったところです。

代行業者によっては、月額会員に登録すれば代行手数料“0円”という業者もあります。ひとつの目安として5%〜7%と覚えておきましょう。

1-2.国際送料(1kg/@25〜27元)

国際送料も一般的に1kg/@25〜27元が平均的かなといったところです。

物量が増えると国際送料が割安になったりと、こちらも様々なので、ひとつの目安として1kg/@25〜27元と覚えておきましょう。

1-3.出荷・配送スピード(10日〜14日以内)

出荷・配送スピードはかなり重要。売るべきタイミングを逃し、販売し始めたころには“利益が0”という可能性も低くはありません。

なので、出荷・配送のスピード感は意識しておきたいところです。早ければ早いほうがいいのですが、目安は14日(2週間)までには納品を済ませておきたいですね。

最長でも16日〜18日。21日(3週間)以上かかってしまうのであれば、代行業者を見直す必要があるでしょう。

1-4.レスポンスの早さ(問い合わせから24時間以内)

できればレスポンスはその日のうちに返ってくることが理想的。

早ければ2時間以内に返ってきたり、遅くても翌日に返ってきたりと、代行業者によって様々です。1日以上経っても連絡が返ってこない場合は業者を見直したほうがいいかもしれません。

1-5.検品不良率(3%以下)

大体の輸入代行業者は無料で簡易検品を行ってくれます。なので、仕入れた商品の半分以上が不良品だったなんてことはほぼありません(商品にもよる)。

また、有料で行ってくれる有料検品というオプションも、大体の代行業者は設けているので、不良率を最低限に抑えることができます。

簡易検品、有料検品をうまく使い分けて検品不良率を抑えていきましょう。ただ、検品を行う人も人間なので有料検品を行ったからといって、100%防げるわけではないので注意して下さいね。

(以前、中国輸入代行HAMで有料検品を行ったのにも関わらず、購入者から「色が違った」という指摘を受け、返品依頼を受けました… 有料検品とは…)

2.オススメ輸入代行業者

2-1.中国輸入代行HAM

評価
輸入代行手数料
(4.5)
国際送料
(4.0)
出荷・配送スピード
(3.5)
レスポンスの早さ
(4.0)
検品不良率
(4.5)
総合評価
(4.0)
感想

連絡のやり取りがメールであるため、他社と比べやや不便。また、出荷・配送スピードも他社と比べ遅い印象(個人差がある)。

しかし、料金、検品体制など基準を満たしており、信頼のある輸入代行業者。OEM商品開発の実績も豊富なので、OEMに着手するのであれば、HAMを利用して信頼関係を築くのも良いかと思います。

2-2.ライブトレーディング

評価
輸入代行手数料
(4.5)
国際送料
(4.0)
出荷・配送スピード
(4.5)
レスポンスの早さ
(5.0)
検品不良率
(4.5)
総合評価
(4.5)
感想

HAMと比べOEMの実績は少ない。ただ、欠点はそれ以外にない印象。

連絡のやり取りは担当者とチャットワークで行うためとても便利、レスポンスもめっちゃ早い。受注管理もライブのHP上で行うため簡単。土曜日も営業しているため社会人にも優しい。

はじめはHAMを使っていましたがライブへと移行中です。なにより連絡のやり取りがLINE感覚で行えるのが最高です。

最後に:色々な代行業者を試して自分にあった業者を見つけよう

いかがでしたでしょうか。

輸入代行業者を選ぶ6つのポイントをご紹介しましたが、あくまでもひとつの選定基準として参考にして下さい。「ちょっと代行手数料が高いな」と感じても、その分、出荷・配送スピードが早かったりと業者によって強みが様々です。

代行業者との相性は利用して初めてわかるものなので、まずは私がオススメする業者から利用し、それから6つのポイントを基準に自分にあった業者を見つけましょう。

大体の代行業者は初回利用時、輸入代行手数料を無料としているので、色々な業者を試して下さいね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。それでは、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です