【中国輸入】モノレートの使い方【リサーチに役立つツール】

こんにちは。トミスケドットコム管理人のトミスケです。

さて、今回は中国輸入に便利なリサーチツール、モノレートの使い方をご紹介します。

中国商品を見つけていざ仕入れようと思っても、「本当に売れるのかな?」と不安が頭を過ぎります。

根拠なくギャンブルのように仕入れてしまっても、キャッシュフローの悪化に繋がったり、長期間売れない状態が続いてしまうとFBA長期在庫保管手数料を徴収されてしまいます。

そのような事態を防ぐためにも、モノレートを活用して商品の仕入れ基準を明確にしておきましょう。

モノレートはこちら

モノレートの使い方

モノレートでは、商品名もしくはASINコードを入力することで商品の価格変動、出品者数(ライバル数)、ランキングを瞬時に確認することができます。

当サイトでは、商品名よりもASINコードのほうが簡単で確実なので、ASINコードの使用を推奨しています。ASINコードは商品ページの下のほうに記載されている登録情報から確認することができます。

 

それではまず、商品ページからASINコードをコピーし検索エンジンに貼り付け、グラフを見るをクリックしましょう。

 

すると、このように商品の価格、出品者数(ライバル数)、ランキングを確認することができます。また、グラフのデータは直近10日間から過去12ヶ月間、そしてすべての期間から指定することができます。

 

商品ページをクリックすると、出品一覧ページにも移動することができます。

 

さらに、商品詳細、FBA料金シミュレーター、レビュー画面へも簡単に移動することができます。

モノレートでできること5選

最安値、価格変動を確認!

縦軸が価格を表し横軸が期間を表しています。この商品は過去3ヶ月間、大きな価格変動はおきていないことがわかります。

このグラフはあくまでも最安値を表しています。すべての商品が最安値=カート価格ということではないので注意しておきましょう。

全体の出品者数(ライバル)を把握!

出品者数=ライバル数ということになります。ただし、すべての出品者がライバルとは限りません。この中から、FBA利用者が何人いているのかを確認しておきましょう。

ランキングの変動から商品の回転率を予測!

ランキングでは、ギザギザが多ければ多いほど順位が変動しているということです。つまり、商品が売れていると予想することができます。

モノレートユーザーからライバル増加を予測!

モノレートユーザーでは、同じ商品をモノレートで検索したユーザー数を表しています。

この商品の場合、平均43人の中国輸入実践者(ライバル)またはその他(一般消費者)が見ているということが考えられます。

今後ライバルの増加も考えられますので、仕入れる際は注意する必要があります。

期間毎の最安値を一覧で確認!

上図では期間ごとの変動を数値化し、よりわかりやすく表しています。最安値からランキングまで、すべてが数字で表示されています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

モノレートを使うことにより、商品の価格変動、出品者数(ライバル数)、ランキングを確認することができます。これにより、仕入れの基準を明確にすることができます。

ツールを活用し、不安を自信へと変えて、仕入れへ挑んでいきましょう。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。それでは、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です