AMZScoutの使い方|Amazonの商品を10秒でリスト表示する拡張機能

 

10分かかっていた作業が10秒に!?

 

こんにちは。トミスケです。

中国輸入実践者を見つけることができたら、そのセラーが扱っている商品の中から中国製品を見つける作業が“相乗り販売”の基本的な流れのひとつです。

一つひとつ商品の出品者数や重量を確認していく作業をもっと効率的にできないかなー、と思っていた矢先に出会ったこのAMZScout。

AMZScoutは商品ページ1ページ目に表示される24商品の基本情報をわずか10秒ほどでリスト表示し、フィルター機能により好きな条件に絞り込むことができる拡張機能。

リサーチにはとても便利な機能が揃っているということで、今回はそのGoogle Chromeの拡張機能であるAMZScoutをご紹介します。

拡張機能を使うためにはGoogle Chromeのダウンロードが必要です。

まだダウンロードがお済みでない方は「 最強のブラウザはコレで決まり!Google Chromeの導入方法」より、ダウンロードを済ませておきましょう。

AMZScoutをChromeに追加しよう

3ステップでChromeに簡単追加

右上に表示されている、CHROMEに追加をクリックし、拡張機能を追加をクリックします。CHROMEに追加済みと緑色に変われば追加完了です。

AMZScoutを追加する

まずはAMZScoutにサインアップ

AMZScoutを使うためには、タブのChromeメニューに表示されているアイコンをクリックしましょう。すると、次のような画面が表示されます。

 

Googleで登録するFacebookで登録するGoogle Chromeで登録するの3つの選択肢の中から、お好きなアカウントで登録を済ませましょう。いずれかを選択すれば登録完了となります。

AMZScoutの便利な機能3選

AMZScoutを使うためには、タブのChromeバーに表示されているアイコンをクリックしましょう。すると、次のような画面が表示されます。

 

このように商品がリストとなって表示されます。

AMZScoutは商品一覧ページ商品詳細ページストアフロントページ、とAmazonサイト内のどこでも使うことができます。その中でも、ストアフロントページでAMZScoutを活用することが有効的です。

ストアフロントページでの活用例をベースに、AMZScoutの便利な機能3選をご紹介します。

簡単!商品をリスト表示してみよう!

リサーチ対象となるセラーのストアフロントへ移動し、タブのChromeバーに表示されているアイコンをクリックしましょう。

 

クリックすると、1ページ目に表示される24商品がリストとなって表示されます。

フィルター機能を活用して、商品を絞り込もう!

リスト表示したあと、左下のフィルターをクリックするとこのように価格などを条件指定し、絞り込むことが可能です。

エクセルへリストアップしよう!

フィルター同様、左下のCSVにエクスポートをクリックすると、エクセルへデータが保存されます。しかし、現状エクセルの言語が文字化けしてしまうため注意が必要です。

AMZScout利用上の注意

注意

AMZScoutを利用する際は、他の拡張機能を停止しておきましょう。現在、モノサーチと併用するとAmazonの商品詳細ページが崩れる現象が生じます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

AMZScoutは一部有料機能もありますが、無料機能でも十分リサーチに活用できる拡張機能です。リスト表示、フィルター機能は特に重宝する機能となっていますので、是非リサーチ時に使ってみて下さいね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。それでは、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です