JANコードの作成方法|アマゾン新規出品の準備

JANコードの登録申請をしておこう|アマゾン新規出品の準備」では、JANコードの登録申請の手順についてご紹介しました。

申請後JANコードを使うためには、13桁のコードを自分で作成する必要があります。本記事ではJANコードの作成手順についてご紹介します。

JANコードの作成手順

それではJANコードの取得手順について解説していきます。

STEP1 チェックデジット自動算出フォームへアクセス

STEP2『GS1事業者コード』を入力

画像をクリックして拡大する

『JANコード 標準タイプ(13桁)GTIN-13』の入力欄に数字を入力していきます。

まずは郵送で届いたGS1事業者コード登録通知書に記載されている、9桁のGS1事業者コードを入力しましょう。

STEP3『商品アイテムコード』を設定

画像をクリックして拡大する

9桁のGS1事業者コードを入力後、続いて3桁の商品アイテムコードを入力します。

商品アイテムコードは001、002、003、と管理しやすい番号を入力しておけば管理も簡単です。

STEP4『チェックデジットを計算』

画像をクリックして拡大する

最後はチェックデジットの計算です。

9桁のGS1事業者コード3桁商品アイテムコードの入力が完了したら、『計算』をクリックします。

この画像の場合、チェックデジットは『2』という数字が算出されました。このチェックデジットを組合せた13桁の数字がJANコードとなります。


画像をクリックして拡大する

出典:一般財団法人 流通システム開発センター


最後に

いかがでしたでしょうか。

JANコードの作成手順についてでした。新規出品には必要となりますので作成手順を覚えておきましょう。

もし内容で不明な点がございましたら、気軽にお問い合わせ下さい。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。それでは次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です