JANコードの登録申請をしておこう|アマゾン新規出品の準備

Amazonで新規出品をするためには、JANコードと呼ばれる事業者コードが必要となります。本記事はそのJANコードの登録申請についてご紹介します。

申請方法も簡単なので、新規出品をこれから始めるという人は、事前に登録申請を済ませておきましょう

1.JANコード(GS1事業者コード)とは

JANコードとはGS1事業者コードとも呼ばれており、一般財団法人 流通システム開発センターが管理・提供している日本の共通商品コードです。

白黒のストライプ柄、そして下に並べられた数字。誰しも一度は目にしたことがありますよね。いわいるJANコードというのは、下に記載されている13ケタの数字のことであり、バーコードのことなのです。

ちなみにJANコードとは日本国内の呼び方で、Japanese Article Numberの略のようです。

2.JANコードの登録申請料は?

画像をクリックして拡大する

出典:一般財団法人 流通システム開発センター

JANコードの登録申請にかかる料金はランク別で異なります。

私たち個人がやっていく上で、卸・小売業、サービス業等の年商10億円未満に該当するので、登録申請料は12,980円(税込)となります。

有効期限は3年間で1000点のJANコードを取得することができます。

3.登録申請のために必要なもの

必要なものリスト
  • 事業者名
  • 代表者名
  • 所在地
  • 電話番号

申請の前に以上の4つを用意しておきましょう。

4.出品申請方法(申請書から申請)


出典:一般財団法人 流通システム開発センター

申請書は全国の商工会議所または商工会で無料で入手できます。

また、一般財団法人 流通システム開発センターHPより注文することができます。

申請書の記入を済まし、料金を支払います。申請書は近くの商工会議所・商工会または一般財団法人 流通システム開発センターに提出(郵送または持参)しましょう。

申請内容に不備が無ければ、約2週間でGS1事業者コードが記載された「GS1事業者コード登録通知書」が郵送で届きます。


5.出品申請方法(HPから申請)


HPから直接申請することもできます。

インターネット経由で申し込んだ場合、申請内容に不備が無ければ、約7営業日でGS1事業者コードが記載された「GS1事業者コード登録通知書」が普通郵便(転送不可)で届きます。


最後に

いかがでしたでしょうか。

JANコードの登録申請についてでした。新規出品を行う前に、必ず登録申請を済ませておきましょう。

もし内容で不明な点がございましたら、気軽にお問い合わせ下さい。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。それでは、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です