輸入ビジネスに使えるデビットカードとは

本記事では、輸入ビジネスに有効であるデビットカードについてご紹介します。

クレジットカードは知っているけど、デビットカードって何?という人も少なからずいるのではないでしょうか。

輸入ビジネスでは主にクレジットカードを使って決済を行いますが、実はデビットカードも輸入ビジネスを進めていく上で有効なカードの一つです。

デビットカードはクレジットカードと違って簡単に作ることができるので、本記事を参考にしてデビットカードの作成を検討してみて下さい。

デビットカードとは

預金口座と紐付けられた決済用カードになります。

主にネット銀行が取り扱っており、最近では大手の銀行も取り扱い始めています。

このカードで決済すると代金が即座に預金口座から引き落とされる仕組みになっています。

特徴

  • 審査が不要
  • 誰でも申し込むことができる
  • 使い過ぎの心配なし
  • 現金代わりに使えて便利
  • PayPalが使える

メリット

審査が不要なため16歳以上からであれば誰でも簡単に作ることができるカードとなっており、
利用可能枠=預金残高となるため利用可能枠を超えたお買い物は不可能です。

そして輸入ビジネスを進めていく上で必須である決済サービスPayPalを使うことができるのが大きなメリットになります。

デメリット

メリットで述べた通り利用可能枠=預金残高となるため、輸入ビジネスでは資金に余裕がある方ではないと有効に使っていくことができません。

オススメは楽天銀行デビットカード

  • 年会費永年無料
  • 100円ごとに1ポイントが貯まる
  • 不正使用の防止

輸入ビジネスにオススメの銀行口座の選び方でメガバンクとネットバンクを持つことを推奨しています。

楽天銀行を作る際、一緒にデビットカードもおまけ感覚で作ることができるのでオススメです。

最後に

輸入ビジネスを進めていく上でデビットカードは必須ではありません。しかし、デビットカードとクレジットカードの併用で資金を更に回転させることができます。

なので、今後の輸入ビジネスの利益拡大のためにもデビットカードの作成も検討しておきましょう。

もし内容で不明な点や相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

では最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です