【PayPal】アカウントの作成方法

本記事では、輸入ビジネスに超便利である決済サービスPayPalについてご紹介します。

海外取り引きをするにあたって、本当に商品が届くのか心配になってしまいますよね。

「もし商品が届かなかったらどうしよう

私も人生で初めての仕入れのときはとても不安でした。

でも安心して下さい、PayPalを使えばそんな悩みも解決しちゃいます。

PayPalは海外取り引きの際に必須の決済サービスとなりますので、本記事で紹介する手順通りにアカウントの取得を済ませておきましょう!

PayPalとは

PayPalは、世界で2億人以上に利用されている決済サービスです。

1998年12月にPayPal Inc.の社名で設立。

2002年に世界最多の利用者数で有名なオークションサイト「eBay」に買収され同社の子会社となるも、2015年7月に独立。

海外のネットショップで商品を購入する際に利用することが多く、かんたん&安心の決済サービスとなっており200ヶ国・100通貨に対応しています。

PayPalのメリット&デメリット

メリット

PayPalのメリットは以下の4つになります。

  • 無料で利用可能
  • ワンタッチで決済が可能
  • 安心の買い手保護制度
  • ポイントが貯まる

以上の4つがPayPalのメリットとなります。

・無料で利用可能

国内決済手数料無料、年間費無料、新規登録無料で利用できるので登録しておいて損はない決済サービスですね!

海外決済手数料

 

海外への支払の場合、日本円以外の通貨での支払となるので為替手数料がかかる場合があります。

 

参考URL:https://www.paypal.com

・ワンタッチで決済が可能

アカウント登録後、クレジットカード情報を登録。

あとはPayPalが利用可能なお店または輸入代行業者でお支払い方法をPayPalで決済すれば問題なくお支払いは完了です。

・安心の買い手保護制度

PayPalを経由して商品を購入したけど「商品が届かない」「購入した商品と違った商品が届いた」などの問題やトラブルがあった場合に、適用される補償制度となっています。

しかし、中国輸入はPayPalを経由し尚且つ輸入代行業者を活用して商品を仕入れるため、この補償制度を使う機会は少ないです。

ビジネスに限らず海外サイトでネットショッピングをした場合にも適用される補償制度となっているので、利用者にとっては安心して商品が購入できる補償制度ですね。

※買い手保護を受けるには期限が設けられており、商品購入後180日以内となっています。

買い手保護制度

 

参考URL:https://www.paypal.com

・ポイントが貯まる

クレジットカードをPayPalに登録し、PayPal経由で商品を購入してもポイントは通常通り貯まります。

メインに使っているカードを登録しておくことをオススメします。

デメリット

PayPalのデメリットは以下の2つになります。

  • 分割決済が不可能
  • 為替手数料が高い

以上の2つがPayPalのデメリットとなります。

・分割決済が不可能

PayPalでの決済は基本的に一括決済となります。

PayPal決済後、登録しているクレジットカード会社に連絡すると分割手続き・リボ払い手続きが可能ですが手数料や利息が追加されるため注意が必要です。

・為替手数料が高い

PayPalでの日本円の為替手数料は4%と高く設定されています。

PayPalを商用として活用する場合はあまり気になりませんが、ショッピング目的で利用するのであれば少し高い印象を受けます。

アカウント作成方法

作成手順

新規登録をクリック。

パーソナルアカウントを選択し、続行をクリック。

必要事項を入力し、次へをクリック。

必要事項を入力し、同意して、アカウントを開設をクリック。

続いてクレジットカード情報を登録(後からでも可)し、アカウントの取得は完了となります。

最後に

以上がPayPalアカウントの取得方法になります。

PayPalは輸入ビジネスを進めていく上で必要不可欠な決済サービスとなりますので登録しておきましょう!

もし内容で不明な点や相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です