【Baidu画像検索】中国輸入に便利な画像検索でリサーチを効率化

本記事では、Baidu画像検索の基本操作。そして、画像検索を活用した商品リサーチ方法についてご紹介します。

Baiduは中国サイトのみを表示してくれます。なので、中国サイトや探し出したい商品に関するキーワードを比較的見つけ安いです。

主にサブとしての役割ですが、便利な画像検索サイトに変わりはないので使い方をマスターしておきましょう!

Baidu(百度)とは

百度(Baidu・バイドゥ)は中華人民共和国(中国)で最大の検索エンジンを提供する企業です。

そのシェア率は中国国内で70%を超えるほどで、全世界の検索市場においてGoogleに次ぐ第2位となっています。

日本国内の検索エンジンのシェア率はGoogleが約60%で第1位、続いて約30%でYahoo!が第2位となっています。

GoogleやYahoo!は各国で利用さているにも関わらず、Baiduは中国国内のみでのシェア率が70%と圧倒的な数字となっており中国のGoogleと呼ばれているほどです。

Baidu画像検索

商品リサーチ方法

手順としては他の画像検索サイト一緒です。

Amazonの商品詳細ページにて商品画像をクリックし、右クリックで画像アドレスをコピーをクリック。Baidu画像検索へと移ります。

カメラのアイコンをクリックし、コピーした画像アドレスをペーストします。

本記事では、コピー&ペーストを使用した検索方法を紹介していますが、ファイルから画像を添付して検索する方法画像をドラックして検索する方法もあります。

①がファイルから画像を添付して検索、②が画像をドラックすると検索することができますので、それぞれ自分の好みにあわせて使い分けてみてください。

画像検索した結果、このように画像に関係する中国サイトが表示されます。

この中から、淘宝網もしくは1688サイトなどの仕入先サイトを見つけ出しましょう。

見つからない場合の対処法

Baidu画像検索は中国内にある様々なサイトがヒットしてしまうため、淘宝網や1688サイトをピンポイントで見つけるには時間がかかってしまいます。

そのようなときに、応用として他サイトの商品タイトルをコピーしキーワード検索をかけましょう。

検索結果一覧からひとつ、中国サイトを開きます。

商品タイトルをコピーし、仕入先のサイトでキーワード検索をかけます。

今回は1688サイトにて、コピーしたタイトルをペーストしキーワード検索をかけます。

このようにAmazonで販売されている商品と同じものを見つけることができます。

最後に

以上がBaidu画像検索を活用した商品リサーチ方法となります。

Baidu画像検索の使い道は、主にサブとしての役割ではないかと思います。

基本的にはGoogle画像検索と中国翻訳サイトを使えば大体の商品は見つけることができます。

それでも見つからないときはBaidu画像検索を使って淘宝網・阿里巴巴サイト、そして関連キーワードを見つけ出しましょう!

もし内容で不明な点や相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です