【中国輸入】セラー管理でリサーチを効率化する方法

こんにちは。トミスケドットコム管理人のトミスケです。

さて、以前ご紹介した「【中国輸入】キーワード検索で中国商品を見つけるリサーチ方法」に引き続き、今回はキーワード検索に応用を兼ねた、セラー管理でリサーチを効率化する方法をご紹介します。

キーワードリサーチで見つけた中国輸入商品を扱っているセラーは、高確率で中国輸入ビジネス実践者です。中には中国輸入に加え、欧米輸入せどりといったハイブリッドセラーも存在しますが、大半のセラーは中国輸入実践者です。

中国輸入を実践しているセラーは常に新しい中国商品を仕入れて販売しています。なので、セラーIDをストックすることにより、いつでもセラーが扱っている中国商品を確認することができます。

わたしもリサーチをはじめて約200名以上のセラーをストックしてきました。これでもまだまだ少ないほうですが、ストックをすればするほどリサーチ作業の効率化に繋がり、利益が取れる商品を芋づる式に見つけることができます。

これから中国輸入ビジネスをはじめる人は、セラーIDをストックしリサーチの効率化を意識して取り組んでいきましょう。

そもそもセラーIDって何?

セラーIDとは、アマゾンサイト内で表示されるストア名ストアURLストア評価の3つを合わせた総称をセラーIDと定義しています。

IDストックする前に確認したい3つの基準

中国輸入実践者の全員が稼いでいるセラーとは限りません。中国輸入実践者の中には稼いでいるセラーもいれば、参入したばかりの初心者セラーもいます。

赤字の商品ばかりを販売しているセラーをストックしても、リサーチの効率化には繋がりませんので注意しましょう。ここではいかに、稼いでいると考えられる有力セラーをストックできるかがカギとなります。

1.中国輸入商品を扱っているか

前述のとおり、中国輸入に加え欧米輸入、せどりといったハイブリッドで販売しているセラーもいます。

中国輸入と関係ない商品を扱っているセラーを極力さけるために、リストアップする前に一度、セラーが扱っている商品を確認しておきましょう。

2.利益が見込める商品を扱っているか

赤字だと知らずに販売しているセラーもいます。「このセラーは中国輸入実践者だ!」と判断できれば、そのセラーが扱っている中国輸入商品ひとつをピックアップし、利益計算を行い、確認しておきましょう。

3.評価は50以上であるか

赤字で販売しているセラーは評価が低い傾向にあります。つまり、初心者セラーということです。

評価が高ければ高いほど、販売実績があると判断できますので、ひとつの基準として評価が50以上のセラーをリストアップしていきましょう。

セラーIDをリスト化していこう

まず中国輸入商品をひとつ見つけましょう。そして、新品の商品をクリックし出品者一覧ページへ移ります。

 

すると、このようにセラーが一覧となって表示されます。

中国輸入実践者はFBAサービスを利用していることが多いので、「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます」と表示されているセラー名をクリックし、ひとつずつチェックしていきましょう。

 

セラーの詳細画面にて、ストア名ストア評価ストアURLが確認できましたら、エクセルへリストアップします。このとき、IDストックする前に確認したい3つの基準を忘れずにチェックしておきましょう。

 

以上でセラーIDのストックは完了です。備考欄はセラーの特徴(コスプレ用品を多く扱っているのであれば、コスプレと記載したり)などを記載しておくとよいでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

セラーIDをストックしておくことにより、URLをクリックするだけで簡単に販売セラーのページへ移ることができます。そして、いつでも扱っている商品を確認することができます。有力セラーであればあるほど、このリスト化は有効的ですね。

また、セラーIDをツールにかけることにより、売上の分析などにも活用することができます。

セラーIDのリスト化は、中国輸入を進めて行く上で無駄のない大きな資産となりますので、10、100とストックを増やしていきましょう。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。それでは、次の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です