中国輸入プレイヤー必見!仕入れ・リサーチに使うサイト4選まとめ

本記事では、中国商品をリサーチ・仕入れ時に使用するサイトをご紹介します。

中国輸入ビジネスにおいて必須のサイトとなりますので、ブックマークしておきましょう。

淘宝網(タオバオワン)

中国の最王手ECサイトになります。
BtoCとCtoCが混在したeBayに近いECモールとなっています。

メリット:販売ロット数が低い
デメリット:商品価格が高い

Taobao:https://world.taobao.com/

【中国輸入】タオバオ(淘宝網)サイトの使い方

阿里巴巴(アリババ)

世界を代表するインターネット上の国際BtoB プラットフォームになります。

メリット:商品価格が安い
デメリット:販売ロット数が高い

1688.com:https://www.1688.com/

【中国輸入】アリババ(阿里巴巴)サイトの使い方

AliExpress

アリババグループが運営するBtoCのECモール。
日本で言うAmazonや楽天市場みたいなサイトです。

メリット:日本語検索に対応
デメリット:FBA直接納品に非対応

AliExpress:http://ja.aliexpress.com/

【中国輸入】アリエクスプレス(Aliexpress)サイトの使い方

CHIANA MART

中国の最王手サイト『淘宝網』の商品を日本語で閲覧・購入できるサイトです。

メリット:日本語検索に対応
デメリット:商品価格が高い

CHINA MART:https://chinamart.jp/

【中国輸入】チャイナマート(CHINAMART)サイトの使い方

最後に

以上が仕入れ・リサーチサイト一覧となります。

主に淘宝網・阿里巴巴をメインに使用しますが、他の2サイトの使い方によって効率よくリサーチを進めることも可能です。

なので忘れずにブックマークしておいて下さいね!

もし内容で不明な点や相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です